「あの花」漫画のあらすじ、ネタバレサイト

「あの花」あらすじ、ネタバレサイト

読んだ人のほとんどが感動した!漫画「あの花」とは?
「あの日見た花を僕たちはまだ知らない」(略称「あの花」)の原作はアニメで、フジテレビの「ノイタミナ」というアニメ枠で作成されました。

 

その後、反響のため小説、漫画、ゲームも作成され、「あの花」の人気がさらに広がりました
さらに、2015年9月には、2時間の特別ドラマで実写化されました。

 

あの花のキーワードは、「大人も泣ける感動ストーリー」といった感じで、子供よりも大人の方が感動するのでは?といった内容です。

 

 

何故「あの花」で感動する人が多いのか?

 

「あの花って感動する」っていう声を聞きますが、そんなに感動するの?と気になる人もいると思います。
あの花が気になるかもっていう人は、大まかな内容を知ってみるといいかもしれません。

 

これからあの花のあらすじについて大まかに書いていくので、ネタバレ完全NGってい人はこれ以上読み進めないでください。

 

感動するアニメ化漫画「あの花」の大まかなあらすじ(ネタバレ)

 

「あの花」の舞台は、埼玉県の秩父市です。

 

 

メインキャストの6人は、小さい頃にとても仲がよく、超平和バスターズというグループを決成していました。そのなかでも、リーダー的存在が主人公の宿見仁太(じんたん)で、マドンナ的存在が、ヒロインの本間 芽衣子(メンマ)でした。

 

あるささいな出来事がきっかけで、大きな事故が起こります。それは、ヒロインであるメンマの死。
それ以降、メンマを除いた5人の距離は離れるようになります。

 

時は経ち、5人は高校生。
相変わらず、5人の心は離れたままです。

 

しかも、主人公の宿見仁太は不登校で、家にこもりがちな生活を送るようになっていました。
家でゲームをして、腹が減ったらインスタントラーメンを食う。

 

外に出るときは、変装をして外出するなど、ヒーローと言われていたあの頃とは違う姿になっていました。

 

そんな日々を送る宿見仁太にある時、亡くなったはずのメンマの姿が見えるようになりました。
それもメンマの姿が見えるのは、宿見仁太だけです。

 

何故メンマが姿を現したのか、そして、宿見仁太をはじめ、メンマ、ポッポ、アナル、ゆきあつ、つるこ達の関係はどうなるのか?
ここまでが大まかなあらすじ(ネタバレ)になります。

 

 

おすすめはやっぱりアニメと漫画です。
アニメはDVD で観れますし、漫画は全3巻で完結するので、空き時間で読めます。